愛猫家の一日

愛猫家の一日は常に猫様中心、一挙手一投足のかわいさに日々にっこりなのです。まず起床すると、我が家の猫様はリビングで飼い主が起きてくるのをまっています。じっとこちらをみてからにゃーとかわいらしく長鳴きをし、飼い主になにかしら要求するのです。たいていは「あそんで」や「カリカリをください」ですが、時間帯によっては「このドアをあけて」だったりします。挨拶がてら鳴いた後は、目の前にすわった飼い主の周りをぐるぐるしながら頭をあちこちにこすりつけマーキングタイムです。もふもふであったかいかわいさの塊ともいえる猫様のすりすりはまさに至福の時間。猫様は満足するまで存分にすりすりしたのち、カーペットの上にちょこんと座り、今度はなでろとばかりにこちらに背を向けてきます。耳の後ろや額をなでれば気持ちよさそうに目を細めで頭を手にこすりつけてきます。猫様的には背中は割とどうでもよいのか、特段反応はありません。しかし少し指をたてつつ背中をなでるのは人の髪をすいているようで楽しく、猫様のぬくもりも感じられてなんとも良いものです。もしも猫様の機嫌が良ければ、そのままごろんとお腹をみせてきて触るのを許してくれる時もあります。背中とは異なり猫様のお腹の毛並みはとっても柔らかく、ふわふわとした感触です。前脚の付け根あたりをくすぐるようになでてあげれば喉をみせるように頭を動かして気持ちよさそうにしてくれることが多いです。そうしてくれた時の、猫様のマズルはあまりに愛らしく、猫様はどこをとってもかわいいのだなぁと思ってしまいます。我が家の猫様は黒猫ですので、人間でいうところの唇にあたる部分が白く縁どられているように見え、白い口紅をひいているようにもみられて、「お洒落さんだねぇ」と家族で笑いあったりもします。そんな白い口紅のお口も、おなかをみせてごろんと寝転がってくれるととてもよく見えて飼い主冥利に尽きるといった心持です。起きてきたばかりのときには、このように飼い主に「かまって攻撃」を仕掛けてくる猫様ですが、そこはやはり猫様というべきか、いつまでもなでられていてはくれません。猫様が満足してしまうと彼女はすっと立ち上がり、お気に入りの場所へいってしまいます。ですが、猫様自身も全く飼い主に興味がなくなるわけではなく、窓のしたのヒーターや窓際スペースに乗ってくつろぎつつも、こっそり飼い主の様子をうかがっているようです。我が家の猫様は空気が読めるタイプの子で、飼い主や家族がご飯を食べているときには「かまって攻撃」はしないことが多いのですが、あくまで構ってほしい気持ちはあるようで、ダイニングの椅子に座り、スマートフォンをいじりながら食事をしていると「スマートフォンをいじる=こいつは暇である」と認識されてしまうのか、わざわざこちらまで歩いてきて「にゃぁぁぁぁぁうぅ」とこちらの庇護欲を掻き立てるような鳴き方で飼い主を呼びに来るのです。飼い主としては、猫様が呼びに来たのならばスマートフォンを置き、食事も中断して猫様についていくのです、当然。猫様は飼い主がついてくるのを確認すると、なでろと言わんばかりにカーペットの上に寝転んでみたり、あそべといわんばかりにケージ内の爪とぎ器の上で待機してみたりします。ちなみに、この爪とぎ器の上というのは、彼女が遊ぶ時の所定の待機位置ともいえる場所です。たとえ食事の最中だったとしても、猫様が満足するまで何度か付き合うと、猫様はお気に入りの場所でお昼寝をします。天気が良ければ窓際に、そうでなければ暖房の出てくる場所などです。猫様の構ってモードが終わったところで、飼い主はたいてい部屋に引っ込むのですが、天気の悪い日には飼い主の部屋が一番温かいのかへやにもどる飼い主の後ろについてくることがよくあります。猫様とは気まぐれで自由な生き物の代名詞であり、こちらのことなぞわれ関せずといった態度をとるもの、というのが一般的なイメージです。でもそんな猫様だからこそ後ろをちょこちょことついてまわるのはかわいいし、とてもうれしいものです。日中の猫様はほぼ溶けています。まさに溶けているとしか形容できないような寝転がり方をします。我が家の猫様は黒猫なので、日光浴は日の光で効率的に温まれるのか、窓際の狭いスペースから半ばからだがずり落ちる位には溶けています。「猫は液体」とはまったくよく言ったものです。どこかの時間でたくさんスキンシップを取っていると、だいたいは夕方まで猫様はずっと寝ています。時折いくつかあるお気に入りの場所を移動しているようですが、そこまで飼い主にちょっかいをかけては来ません。彼女が再び動き始めるのは晩御飯で家族が集まってくるころです。家族のだれかの食事が終わるのをテーブルのそばでそわそわしています。特に父になでられるのが好きなようで、しっぽの付け根をとんとんされるのが大好きなようで、要求するように家族をカーペットまで誘導することもあります。この時間帯はまた構ってほしいのか、スマートフォンをいじっていなくとも長鳴きをしてこちらの気を引こうとします。食事が終わり、家族から構ってもらった後は、今度は家族の方が寝てしまいます。飼い主が再び部屋に戻ろうとすれば、猫様はついていき、部屋の猫様の為のスペースからこちらの様子を観察したり、うたたねしたりしています。明かりを消して飼い主が寝ようとしている時に、首輪の鈴を鳴らしつつ部屋からそっと出ていくことがよくあるので、もしかしたら彼女は飼い主が寝るまでは見届ける義務があるとでも思っているのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です